Q&A

 

Q&A

Q:複数の石を一緒につけても、大丈夫?

A:基本的には問題ありませんが、過剰につけすぎるのはあまりおすすめではありません。何種類までとかの決まりはありませんが、あまり多いとエネルギー的に混乱したり相殺さったりする可能性が高くはなります。その日の自分自身の気分で気持ち良いと思う程度の量のブレスレットを身につけられることをおすすめします。

Q:石のエネルギーは大きいもののほうが強い??

A:石の種類にもよりますが、同じ品質で同じ石であれば、大きい石のほうが強いエネルギーを持っている可能性があります。身につけるものは、あくまで自分が好きで、心地よいサイズを目安として選ばれることをおすすめします。

原石の場合は、小さくてもすごくパワフルなものはありますが、クラスター等の場合、そのエネルギーの影響範囲という意味では大きいものにパワーがあります。

Q:浄化しなくてもいい石はある??

A:まったくしなくていいということではありませんが、浄化をあまり必要としないタイプの石もあります。ルチルクォーツやスギライトなど、エネルギーの強い石はその傾向にありますが、何か気になることがあったり、石をみて、何となく色つやや輝きがパッとしないと感じる時は、浄化しましょう。

Q:石はいつも身につけていないと効果はないの?

A:基本的にはつけっぱなしはおすすめしておりません。私たちと同じように夜就寝するときには、クラスターやさざれなどの上に置いて休ませてあげることをおすすめしています。

Q:パワーストーンに寿命はあるの?

A:基本的にはパワーストーンとしての寿命という考え方はありません。ただ、その石によって、鉱物的にあまり強くないものであったり、ブレスレットとしてつけていることで、削れてきて表面のつやがなったりという物質的な劣化は石によってあります。

きちんとした使い方をしているもので、硬度がそれなりにあるものであれば、基本的に石に寿命はありません。ただ、持ち主によって、時々必要な石が変わっていくので、石がお役目を終えていくということはあります。

Q:ブレスレットはどちらの手につけるのが良い?

A:霊的なエネルギーや感覚的、右脳的な力を発揮したい場合には、左手につけることをおすすめしています。現実的な力や能力を高めたい場合は、右手でもよいことがあります。

これは、左手は右脳、右手は左脳に神経が繋がっていることが関係しています。また、エンルギーの入り口としての要素が強いのは左手、逆に放出、発揮には右手のほうがむいていることからも、パワーストーンはエネルギーを受けるものなので、左手のほうがよいでしょう。

Q:パワーストーンの効果は、いつごろから現れる?

A:人や状況によってまちまちです。効果を早めたい場合は、自分自身とのあいだにエネルギーのラインを通す必要があります。パワーストーン任せだけでは、効果はみられないでしょう。パワーストーンは、サポート役です。他力本願では、なかなか難しいといえます。

Q:石のグレード表記って、どこも同じなの?

A:これは、その石を扱っている業者やショップでの表記になります。3A表記の石のほうが、他店の10Aと書いてあるものよりも品質が良いという場合もあります。

グレードというのは、あくまでそれぞれの業者がその石の品質を区別するためにつけたものであって、明確な共通基準がないために、非常にあいまいなものでもあります。

Q:ずっと愛用していたパワーストーンなのに、何となく「持ちたくない」と思うのは?

A:理由は二つあります。

一つは、石が汚れたり、浄化を怠ったことでエネルギーがなくなっている。この場合は汚れをふき取って綺麗にしたり、浄化してあげること。

もう一つは、そのパワーストーンのもつ力を、あなたが必要としなくなったから。この場合は、石がお役目を終えたと考えると良いでしょう。

Q:役目を終えたパワーストーンは、どうすればいい?

A:破損やエネルギーの関係で、あなたにとって必要なくなったパワーストーンは、自然に帰してあげるのが理想的です。